Skip to content

屋根雨漏り修理の費用相場

雨漏りの原因は、主に屋根の劣化で起こることが多く、板金部分からの雨漏りがほとんどです。屋根には、谷部や棟部など板金を行い雨水の浸入を防いでいますが、こういった部分が経年劣化によってひび割れや浮きなどが起こり雨漏りが起こってしまいます。また、経年劣化だけではなく、施工不良によって雨漏りが起こる場合もあります。屋根と外壁はそれぞれ異なる職人が工事を行っていますが、それぞれの職人のコミュニケーション不足などによって、本来行わないといけない施工がおろそかになってしまい、雨漏りが起こる場合もあります。

屋根雨漏り修理を行う際に重要なポイントは、雨水の浸入箇所をきちんと把握することです。浸入箇所は一カ所とは限りませんし、原因を追求しないと再度雨漏りを起こす可能性があります。そのため、屋根雨漏り修理を依頼するときには、事前の調査をしっかりと行い、経験豊富な業者を選ぶことが大切です。経年劣化などで起こった雨漏りは火災保険の適用外となりますが、台風や突風などによって瓦がはがれたり、飛来物によって傷ついたことで起こった雨漏りは、火災保険の適用となる場合がありますから、屋根雨漏り修理を行う際には、原因をはっきりとさせることも大切です。

ただ、風災が原因であっても、長期間放置してしまうと風災とはみなされず火災保険の適用がされない場合もありますから、早期に申請を行う必要があります。その際には、雨漏りの写真や工事の見積書なども必要となりますから、きちんと管理しておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です